リゾ婚とは

リゾ婚の良さとは?5つのおススメポイント

この記事でわかること

・リゾ婚を選ぶ方へのおススメポイント

 

前回の記事でも結婚式の良さを感じて頂けているかと思います。
読んでいない方は是非読んでみてください!損はさせません!!

『結婚式は良いのは分かったけど、わざわざ沖縄でやる必要ある??』

たしかにそうですよね。

地元で結婚式をしたら、たくさんの友人、会社の上司、家族、親戚負担なく呼べますよね。

 

だけど!地元じゃないからよい良さもあります!!

迷ってるあなた!
テツブログでしか知ることのできない
リゾ婚の良さを5つをこっそり教えます!

是非最後までお楽しみください。

 

美しいロケーションで写真映えする

結婚式に大切なものは何だと思いますか?

絆作り、家族との時間、友人との時間。

そういう思い出の部分ももちろん大切ですが、

思い出は色褪せていくもの。

その思い出を蘇らせてくれるのが『写真』です!

何年後、何十年後残っていくものは『写真』です!

何年経っても『写真』を見ればあの日の思い出、景色が甦ります!

そんな写真を沖縄の青い海、青い空で残せたらどうですか??

 

『白い砂浜の広がるビーチ。その向こうには青い海。上を見上げると青い空、白い雲。水平線は空と海が重なって見える。』

そんな景色をバックに写真を残すことができるんです!

素敵なことだと思いませんか!!

結婚式での1番の人気は写真や映像のオプションです。

結婚式後にアルバムが届いて見返す。

 

『昨日のような出来事なのにもう半年近く経ったのかー!
楽しかったよね!写真も素敵に撮れてる』
『ほんとね!ドレスでビーチ撮影なんて沖縄じゃなきゃできなかったね!』

 

子供が産まれてまた見返す。

『〇〇ちゃーん、見てごらーん!パパとママだよー!キレイでしょー!』
『もう少し大きくなったら、この場所に遊びに行ってみようねー!』

 

子供が大きくなって結婚のタイミングでもまた見返すかもしれません。

『私たちの結婚式もこの前の出来事のような気がするけど、もう子供たちも結婚する歳になったんだねー』

『あぁやっぱり何回見てもあの頃のお前はキレイだねぇ』

『やだ、今はキレイじゃないっていうの!』

『いや、あの頃のお前はキレイだけど、一緒に生活してきて1番愛してるのは今だよ』

 

そんな風な会話が聞こえてくるようです!

私はまだ未婚ですが、こんな家族になりたい!いや、なってやる!

そういつも未来を想像してます笑笑

リゾ婚は結婚式での華やかなドレス姿、スタイリッシュなタキシード姿を素敵なロケーションの中残すことができるのが1番のメリットです!!

アットホーム

冒頭に書いた通り、大人数での挙式、
披露宴はゲストへの負担もあり向いてないかもしれません。

 

あなたはどこまでゲストを呼びたいですか?
会社の上司、遠い親戚、あまり仲良くない友人。
ゲスト卓の人数関係上、さらに縁遠い人まで呼ぶことにもなるかもしれませんね。

沖縄の地元で結婚式をすると大体300人のゲストが平均になります。
沖縄の人は親族のつながり強い人も多いし、親のつながりの人たちも呼ぶからですね。

大人数の結婚式も華やかでいいですが、沖縄の地元結婚式ではこういうことが起こります。

ゲスト『◎◎くん、◎◎ちゃん結婚おめでとう!!』

新郎新婦『ありがとうございます!(今の人誰だろう・・・)』


つながりの弱い人達も呼ぶのは悪いことではないですが、親しい人たちだけで良いと考える人も多いはず。そんなあなたにはリゾ婚がピッタリ!!

 

飛行機代やホテル代のかかる沖縄でのリゾ婚は、

『結婚式をすることになったんですけど、
沖縄での結婚式で身内だけでひっそりやることになったんです。』

とやんわり呼びたくない人を断ることができます。

地元だとそうもいきませんよね?

地元で会社の上司を呼ばないと角が立つ可能性もあります。

 

 

また、今は特にコロナ過ということもあり、結婚式をするかどうか迷っている方も多いです。

リゾ婚であれば、大人数呼ぶことなく、親しい方たちだけで結婚式を行うことができる点も安心ですよね。

 

大人数でないからこそ味わえる親しい方々との大切な時間。

『オーシャンビューの会場で、親しい人たちの笑顔に囲まれながら、ゆっくりと思い出話をすることができる空間。』

『あぁ、楽しかった。関係の深い人たちに何度も何度もおめでとうと言われた。嬉しかった。きっとリゾ婚でしか味わえない濃密で大切な時間を得られた。』

そう感じると思うのです。

リゾ婚は人数を絞り仲の良い人と近い距離で結婚式をあげることができます!!

費用が意外に安い

披露宴も普通の披露宴のように舞台に高砂席ではなくゲスト卓と近い距離でお話しできる空間があります!

リゾ婚の『挙式のみの費用平均は40万円前後。』

『挙式・披露宴・旅行を含めても180万円〜』と言われています。

東京での結婚式費用が300〜450万ほどと言われていますから、

リゾ婚は、これだけ見てもかなり安いですよね。

実際お二人が支払う実質費用はお祝儀を差し引いた金額になるので、

東京では150〜200万ぐらいといったところでしょうか。



リゾ婚だと呼ぶ人数が少ないのでお祝儀を

あてにできなくなるとはおもいますが、考えてもみてください。

 

沖縄リゾ婚なら、

『お値段なななんと!180万円!!今なら、さらに沖縄旅行もついてきます!!』

高田社長もびっくりの金額です!!

新婚旅行を兼ねられる

先程旅行にも行けると言う話をしましたが、

結婚式と同時に新婚旅行としても沖縄を楽しめます!

私の担当した沖縄本島で挙式を挙げたお客様の多くが、離島にも寄って行くのです。

石垣島、宮古島は定番スポットですね!

最近も人気がどんどん増してきています。

『石垣島』他の離島も楽しめる

石垣島の観光ももちろんですが、オススメは近くの離島

沖縄の原風景の残る島『竹富島』

『沖縄の赤瓦屋根の古民家の家が広がり、沖縄の真っ白の砂が敷き詰められた道、家の玄関にはシーサー。道を抜けると青い海が広がってきます』

この島普段から沖縄の景色に触れている
沖縄の人でも感動するほどの沖縄の原風景が広がります。

ほら、だんだん行きたくなってきませんか??宮古島

ぜひ泊まって頂きたい高級リゾートホテル

『宮古島』高級リゾートホテルでゆったり

『シギラベイサイドスイート アラマンダ』

『南国風の室内。窓沿いには寝室とは別にデイベッドと完備お昼寝に最適です。お風呂は景色を楽しめるように窓張り。窓を開け、テラスに出るとお二人でちょうどいいサイズのプールも!』

私も宿泊したことがありますが、

『うわ!!すごっ!!めっちゃ豪華!最高!!』

 

もう、、、絶対泊まって、、、、

新婚旅行なら絶対いいホテルがいいから

お願い泊まって!笑笑

 

ほら、もう行きたくてしょうがなくなってきたでしょう!!

 

沖縄本島も魅力は沢山ありますが、

沖縄好きなら本島は観光したことあるかもしれませんね。

ぜひ離島も堪能してください!

また違った魅力を発見してもらえます。

海外よりも移動が楽。万が一の時の病院も安心。

沖縄でリゾ婚を考えてる人は海外リゾ婚も検討しているかもしれませんね。沖縄リゾ婚は海外よりも移動の負担が少ないです!海外だと入国審査、出国審査で空港での時間も長くなります。

特にお二人が『おじいちゃんっ子、おばあちゃんっ子』だと悩む方が多いです。連れていきたいけど負担が大きい。


そんな二人には沖縄がおすすめ!

  1. 海外よりも圧倒的に移動負担が少ない。
  2. おじいちゃんおばあちゃんも安心の言葉が通じる国内。
  3. 万が一体調を崩した時も日本の保険で対応できる。

 

特に最後の部分が結構重要かもしれません。

海外で体調を崩し、救急車を呼ぶと莫大な費用が掛かります。また、病院も日本での保険がきかないため、そこでも負担が大きい。

旅行保険を使うという手も、もちろんありますが、
起こるかわからない病気・ケガに対してゲスト全員の保険も負担が大きいと思います。

その点、沖縄なら国内なので地元の病院と変わらず対応可能!

安心しておじいちゃん、おばあちゃんも呼ぶことができますね。

 

まとめ

リゾ婚の5つの良さを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

  1. 美しいロケーションで写真映えする
  2. アットホーム
  3. 費用が意外に安い
  4. 新婚旅行を兼ねられる
  5. 海外よりも移動が楽。万が一の時の病院も安心。

 

もっと細かい点を挙げればいろいろとありますが、

特に良さを感じていただける5つに絞って紹介をいたしました。

 

コロナ過で現在結婚式を悩まれている方も多いと思います。もう少し待てば落ち着く可能性もありますが、まだまだ続く可能性もありますね。

 

わからない状況だからこそ、結婚式はしたいときにするべきだと私は思っています。

特に女性は一番キレイな時を写真に残しておきたいですよね。(それは今この時かもしれませんね。)

 

こんな情勢だからこそ、結婚式をしたい方はリゾ婚をおススメします!

こちらの記事もおススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です